book

2023年 面白かった本

2023年に読んだ本の中から、面白かった作品をピックアップしたいと思います。※2023年に発行された本、というわけではありません。 ミステリーや推理小説が好きなので、そちらのジャンルにすごく偏ってます。 ↑写真は金沢でGOGOカレーを食べな...

やっぱり面白い「兇人邸の殺人」

「兇人邸」の殺人 今村昌弘 「屍人荘の殺人」「魔眼の匣の殺人」に次ぐ「班目機関シリーズ(?)」の第3作です。 今回も面白い作品でした。 このシリーズで共通している設定は、 ・既に解散した班目(まだらめ)機関という超常現象を研究する組織から生...

「実在とは何か」量子力学と哲学

「実在とは何か」アダム・ベッカー 量子力学の歴史について書かれた本を読みました。 同じような立場で書かれているものとしては、「量子力学の奥深くに隠されているもの」ショーン・キャロルがありまして、こちらの方が理論的背景には詳しいです(偏った主...